【TOEIC勉強法】1ヶ月半で800点から900点以上を取得した記録

はなとうきょう(@hanatokyooo)です 🙂

2017年7月の公開テストで、935点を取得しました。(120点アップ)

備忘録として”どんな勉強をした”のか、まとめてみました。

目標設定:6週間で990点満点を目指す

最後のスコアから、弱点を分析

まず、最後に受けたテストの結果を分析しました。

得意だったのは

  • Listening 短い会話やアナウンス
  • Reading 文法の理解

パート1はわりと得意で、文法はほぼ問題なかったです。

苦手だったのは

  • Listening 長めの会話やアナウンス
  • Reading 語彙、長文

リスニングは、長くなると集中できず聞き逃しがちでした。

文章の要点を掴むのが遅く、問題に取り掛かるのが遅い。

全体的に、語彙力がない。必ず答えられない語彙問題がありました。

対策を考えてみた

  • 語彙力
  • 集中力
  • 読解力

分析した結果、私にはこの3つが必要とわかったので

そこから、集中するべきことを決めました。

  • 語彙力アップのために単語帳を完璧にする
  • 毎日試験時間(2時間)以上勉強して集中力を鍛える
  • 読解問題を基本から対策していく

対策開始

ここから6週間、参考書を使って各パートの対策をしていきました。

TOEIC参考書のまとめたページはこちら

【これで900点取得】おすすめTOEIC参考書まとめ

1〜3週間目 単語

なにより単語がネックだったので、最初に取り組みました。

この期間は単語以外なにもしていません。

そして、思ったよりも時間がかかってしまいました。

やったこと
  1. 前日やったSETの小テストをやる
    →チャプター最後のテストでも復習
  2. その日の単語を学習する
  3. 新しい単語は5回目を通す(朝2回・晩3回)

できるだけ速く単語帳を終わらせたかったので、毎日10セット行いました。

計算すると、一日約150語です。

最初の方は、知ってる単語が半分あったので問題なく進みましたが、

本の半分を過ぎる頃から段々難しくなり、覚えるのが大変でした。

MEMO

この単語帳はレベル分けされておらず、分野で分けてあります。

某サイトのレビューで初心者向けと記載がありましたが、

金のフレーズで900点レベルの単語もちゃんと入っていました。

掲載単語は金のフレーズより少ないけど、頻出単語が多かった印象です。

勉強にブランクがあったので、易しい単語から復習できて丁度よかったです。

4〜5週間目 全パート網羅

重点は語彙と読解でしたが、全てのパートをやり直しました。

  • わからないところはゼロにする(1単語も漏らさない)
  • 試験慣れするために、必ずマークシートに解く

というルールで進めました。

MEMO

マークシートへのマークの速さも、改善するため。

 

2冊とも、同じ勉強法で進めました。

やったこと
  1. 本の指示通りに解いて、答え合わせ
  2. わからない単語を調べて、意味を解説に書き込む
    →次に見直したときに、単語だけ確認できる
  3. 間違えた問題をすぐにやり直す→答え合わせ
  4. 音に続いて間違えた問題のシャドーイング

 

やったこと
  1. 10問ずつに区切って解く
    →携帯のストップウォッチで1問20秒を計る
  2. 答え合わせをし、見直しをする
    →わからない単語は解説に書き込む
  3. 1度全部通して解いたら、1日1回はかならず全部通す
  • バスや電車に乗っているとき
  • お風呂でお湯に浸かっているとき
に、1冊通して解きました。

 

やったこと
  1. 1問1分で時間を計って解く
  2. 答え合わせ、わからない単語の意味を解説に書き込む
  3. 音読をする(スムーズに言えるまで

最後のトリプルパッセージで時間が足りず、難しかったです。

音読は、つっかかりがとれるまで繰り返しました。

 

やったこと
  1. 10問ずつに区切って解く
    →携帯のストップウォッチで1問20秒を計る
  2. 答え合わせをし、見直しをする
    →わからない単語は解説に書き込む

でる1000は、基本的に文法問題慣れするため、多く解くために購入しました。

他の参考書も同時に進めていたため、私は1周しかできませんでしたが

「またこのパターンだ!」と思えるまでになりました。

2周3周とこなすことができれば、パート5と6は怖いものなしになると思いました。

6週間目 アウトプット中心

最後の週は、アウトプット中心です。

4日間で5回分のテストを解きました。

やったこと
  1. 時間通りに解く
  2. 解説を読んで、間違った箇所は見直す

リスニングとリーディングで本が分かれているので、

それぞれ1つずつ行いテスト1回分としていました。

レビューにあった通り、本番の試験よりも難しめでした。

換算スコアに振り幅がないので、自分の力を把握しやすいです。

3つ解いて点数も上がり、時間配分のコツをつかんできました。

リスニングは本番と同じナレーションで、慣れるためにはぴったりでした。

ただ、換算スコアのレンジが広く、自分がどの位置なのか把握しづらいのが難点です。

最後は時間内に解けるようになったので、少し自信がつきました。

模試結果は以下の通りでした。

実施日テキスト換算点
LR
7/18新形式精選模試 TEST1460360820
7/19新形式精選模試 TEST2475430905
7/20新形式精選模試 TEST3475445920
公式問題集2 TEST1435-495355-435790-930
7/21公式問題集2 TEST2475-495355-435830-930

試験当日

リスニングで聞けない問題があった(2問落とす)

問題集でも体験したことないくらいの速い問題がでました。

もちろん、解けずに適当にマーク。

素点満点じゃなくてもリスニングは満点取れると聞いたので、

すぐに気を切り替えました。

リーディング最後まで終わらず、最後は塗り絵回答

ここまで練習していたのに、時間が足りなかったことがショック!

パート5でも知らない語彙があって、勘で解いたのが数問。

900点は無理だと悟りました。

結果と振り返り

結果 935点(120点UP、リスニング満点!)

目標の990点満点には届きませんでしたが、結果は思った以上でした。

900点は取れないと思っていたので、旅先で確認しガッツポーズ。笑

スコアシートをみると、集中して対策したパートが得意な箇所より高く出ました。

多くのブログで、900点の壁は本当に大変!と読みましたが、

私は勉強時間6週間で達成できました。

次の目標

一旦TOEICはお休みして、英検1級を目指して勉強を始めました。

取得したら、こちらも記録記事を更新したいと思っています。

 

ここまでお付き合いいただき、ありがとうございました。